1月, 2018 | TORONTO LIFE

月別アーカイブ: 1月 2018

バンフ国立公園(11月上旬)

カナディアンロッキーを見てみたい!! という勢い(夫の強い希望)で行った、バンフ国立公園旅行の記録です。 2017年11月上旬に行きましたが、事前に調べていたとおりとてもとても寒く、車で幹線道路から外れると雪で覆われた道を走るケースも多かったです。 カナディアンロッキーのベストシーズンはやっぱり夏だ...

IMF 世界経済見通し上方修正(2018年1月22日発表の修正値)

IMF世界経済見通し上方修正 IMFが2018年と2019年の成長率の見通しを上方修正しました。 米国の税制改革の効果を見通しに反映させたことで、先進国の成長率見通しが軒並み上方修正され、世界全体では2018年と2019年に0.2%ずつ上方修正され、それぞれ3.9%の伸びと、2017年を若干上回る安...

今年は家を買うべき?住宅価格に影響する要因

おはようございます!東京は今晩雪が降っているようですね。みなさまどうかお気をつけてご帰宅を。今日のトロントは珍しく雨が降っています。 さて、2018年は家を買うべきか?住宅価格に影響する可能性のある5つの要因という興味深い記事がありましたので、自分の勉強も兼ねてポイントをご紹介したいと思います。 今...

トロントのリプリー水族館

先日、子供たちを連れて水族館へ行ってきました。私もこの水族館へ行くのは初めてで楽しみでした。 Ripely’s Aquarium of Canadaは2013年にオープンしたばかりであのCNタワーのすぐ近くにあります。 Union駅からConcourse Hallに向かってSky Wal...

為替の主役は米ドル

為替の中心が米ドル(USD)であるということを確認するためのデータをご紹介します。国際決済銀行(BIS)が3年に一度発表するデータ(Foreign exchange turnover )です。 最新版は少し古いですが2016年のもので、日々の為替の取引量を通貨別にしたものが下表になります。元データで...

カナダでの出産(分娩予約)

私は日本とカナダ、それぞれの国で出産を経験したことがあります。 長男は日本で。 次男はトロントで。 トロントでの出産の経験を、日本での出産との違いも踏まえてまとめました。 OHIPは申請してから使用できるようになるまで3カ月かかった 私は安定期に入った頃に日本からカナダに引っ越してきました。引越時点...

カナダ中銀の利上げ発表とNAFTA離脱交渉のまとめ

カナダ中銀は1月の会合で0.25%の利上げを発表 本日、カナダ中央銀行(BoC)は3会合ぶりに0.25%の政策金利の引き上げ(1.00%→1.25%)を発表しました。 今回の利上げは前日時点で80%程度市場に織り込まれており、概ね市場予想通りといえます(先週時点で利上げはコンセンサスでした)。CPI...

なぜこれほど強烈にドル安なのか

強烈なドル安 ドルの下落が止まりません。 ドル円の110円台は目新しさという意味ではそれほどインパクトはないですが、対ドルのユーロ1.22台、ポンド1.37台は驚きますね。 ドルは上記の通貨以外の先進国通貨、新興国通貨に対しても下落していて、ドル全体の動きを示すドル・インデックス(DXY)は3年ぶり...

世界的に住宅バブルのピークアウトが鮮明に

各国の住宅バブルはクールダウンの兆候 カナダ、ニュージーランド、オーストラリア、スウェーデンと、多くの国で低金利などを背景とした住宅バブルが懸念されてきましたが、最近では各国の対応によってクールダウンの兆しがあります。 カナダ(トロント)の住宅市場は戸建ての上昇鈍化が鮮明になってきました。オーストラ...

error: