経済 | TORONTO LIFE - Part 2

カテゴリー: 経済

カナダ雇用統計(8月)は弱く、利上げの緊急性低下

  カナダの8月の雇用統計は弱い結果 9月7日に発表されたカナダの雇用統計は、雇用者数が前月から5.16万人減少となり、5.41万人増加した先月の分を打ち消してしまいました。 フルタイム雇用者が4.04万人の増加となる一方で、パートタイム雇用者は9.20万人の減少となっていて、ちょうど7月...

2018年9月のカナダ中銀は据え置き(1.50%)、10月利上げへGo

カナダ中銀は予想通り据え置き(1.50%) 9月5日のカナダ中銀(BoC)は、市場予想通り1.50%で据え置きとなりました。 前週に発表されていた第2四半期は、2.9%(四半期比、年率換算)と、予想の3.1%を下回っていて(第1四半期は1.3%から1.4%に上方修正されました)、利上げを急ぐ理由は見...

カナダ雇用統計(7月)、数値は強いが中身はいまいち

  カナダの7月の雇用統計は数値は強いが中身はいまいち 8月10日に発表されたカナダの雇用統計は、5.4万人の雇用増加で、失業率は0.2%も低下(6.0%→5.8%)という強いヘッドラインとなりました。 市場の予想が、雇用が2万人弱の増加、失業率が0.1%の低下でしたので、数値的には予想を...

カナダの新築住宅価格は1年前からほぼ横ばい

  カナダの新築住宅価格は1年前からほぼ横ばい 8月9日に発表された2018年6月の新築住宅価格は、カナダ全体の数値が前年同月比で0.8%の上昇となりました。 前月比の数値は、3カ月連続で横ばいが続いた後に、6月は0.1%の上昇となりました。     新築住宅価格指数は...

カナダ中銀(BoC) MPR(2018年7月) 関税によりカナダの輸出と輸入はそれぞれ0.6%減少

<概要> ・予測期間において、潜在成長率を上回る堅調な経済成長を想定 ・米国とカナダの関税の応酬は、カナダの輸出・輸入をそれぞれ0.6%ずつ押し下げると試算 ・カナダが米国製品に課す関税の影響によって、インフレを0.1%押し上げると試算 ・2017年までのGDP成長率の主役だった個人消費が鈍化する代...

カナダCPI(6月)、予想を上回る結果

  カナダの6月のCPIは予想を上回る結果 7月20日に発表されたカナダの6月CPIは前年比2.5%の伸び率となり、市場予想の2.3%を大きく上回る結果となりました。 CPIの上昇はガソリン価格が大きく上昇したことによるもので、BoCが以前から示唆していた一時的なインフレの上昇でしょうから...

カナダ中銀利上げ(1.25%→1.50%)ー2018年7月

カナダ中銀は予想通り利上げ(1.25%→1.50%) 7月11日のカナダ中銀(BoC)は、市場予想通りの利上げ実施となりました。 事前の予想は圧倒的に利上げに偏っていましたので、利上げ自体にはサプライズはありませんでしたが、今後の利上げ余地が残ったことはややタカ派な結果となりました。 事前の予想では...

カナダ雇用統計(6月)は強弱入り交じり、利上げ観測に影響なし

カナダの6月雇用統計は予想を上回る伸びも、パートタイム中心の伸び カナダの6月の雇用者数は、32,000人の増加となりました。5月は7,500人減少、4月は1,100人減少でした。市場予想は24,000人でしたので、雇用者数の伸びはポジティブな結果でした。ただし、パートタイム雇用者が22,000人増...

error: