カナダドル | TORONTO LIFE

カテゴリー: カナダドル

カナダ中銀(1.25%据え置き)

BoCは予想通り据え置き カナダ中銀は、2018年4月18日に市場の予想通り金融政策の据え置きを決定しました。 声明文では、カナダのインフレがコア指数を含めて予想どおり2%近辺まで上昇しているという認識が示されているほか、ガソリン価格の上昇や最低賃金の上昇によって1月時点の見通しからインフレが僅かに...

カナダ中銀の利上げ観測を高めた2月のCPI

カナダの2月のCPIは1月から伸びが加速 3月23日にカナダの2018年2月のCPI(消費者物価指数)が発表されました。 前年比の伸びは2.2%となり、1月の1.7%から加速、市場予想も上回りました。 カナダ中銀が参照する3つのコア指数も以下のとおり前年比の伸びが1月から加速しました。 CPI Co...

米雇用統計(2018年2月)

米国の2月の雇用統計が発表されました。 2月は31.3万人もの増加で、1年7か月ぶりの増加幅となりました。市場予想が20万人程度だったので、予想を大きく上回る強い結果です(12月と1月の数値が合計で5.4万人上方修正されたこともポジティブ)。失業率は求職者の増加で横ばいの4.1%でした(市場予想は0...

カナダ中銀、金利据え置き(2018年3月)

BoCは政策金利を据え置き カナダ中銀は3月7日、政策金利を1.25%で据え置きました。市場予想どおりです。 世界経済は堅調、米国は政府支出や減税で2018年と2019年の経済が押し上げられるとポジティブに評価しつつも、米国の関税等の貿易政策について、グローバル、カナダ経済の見通しの不確実性を高める...

カナダ雇用統計(2018年1月)

カナダの雇用はマイナス8.8万人 2月9日にカナダの2018年1月の雇用統計が発表されました。 前月までの2か月の好調な雇用統計からすると失望する内容でした。 1月は、前月から8.8万人の雇用減で、パートタイム雇用者が13.7万人も減少したことでマイナスとなりました(フルタイム雇用は+4.9万人)。...

カナダ中銀の利上げ発表とNAFTA離脱交渉のまとめ

カナダ中銀は1月の会合で0.25%の利上げを発表 本日、カナダ中央銀行(BoC)は3会合ぶりに0.25%の政策金利の引き上げ(1.00%→1.25%)を発表しました。 今回の利上げは前日時点で80%程度市場に織り込まれており、概ね市場予想通りといえます(先週時点で利上げはコンセンサスでした)。CPI...

カナダのガソリンは高い?!

カナダのCPI(消費者物価指数) BoC(カナダ中銀)の利上げが話題になっていたのでカナダのCPIがどうなっているか気になって見てみました。 2017年11月のCPI(All-items)は前年同月比で2.1%上昇、10月の1.4%から伸びが加速しています。ガソリンを筆頭にエネルギーの価格上昇が大き...

error: